ととのうみすと 成分

投稿日:

ととのうみすと 成分

クレンジングとか化粧水とか、お肌に使うものって副作用や安全性が気になりますよね。

私も敏感肌体質なので、ととのうみすとを注文する前に成分や安全性について詳しく調べてみました。

ととのうみすとの成分は?

ととのうみすと 全成分

ととのうみすとの全成分はこちらです。


水、フィチン酸、酸化銀、アルギニン(ph調整剤)、アーチチョーク葉エキス、アスペルギルス、乳酸桿菌、レウコノストック、ペディオコッカス、サッカロミセス、ジゴサッカロミセス、オオムギ種子、ダイズ種子、コメ、アズキ種子、ナタマメ種子、ハトムギ種子、ヒエ種子、アワ種子、キビ種子、アメリカブドウ果実、リンゴ果実、ウンシュウミカン果実、ヤマブドウ果実、バナナ果実、モモ果実、ウメ果実、ナシ果実、イチジク果実、スイカ果実、セイヨウカボチャ果実、カキ果実、パパイア果実、アンズ果実、ニンポーキンカン果実、カリン果実、ヨーロッパキイチゴ果実、クリ果実、ビワ果実、クコ果実、ナツメ果実、ユズ果実、モモルジカグロスベノリ果実、オタネニンジン果実、キャベツ(葉/茎)、シソ葉、ヤマグワ葉、ドクダミ、ヨモギ、ヤブカンゾウ花、サツマイモ根、キクイモ塊茎、ニンジン根、ダイコン根、ハス根茎、タマネギ根、カブ根、ゴボウ根、ヤマユリ根、サトイモ塊茎、ヤマノイモ根茎、クワイ塊茎、カンゾウ根、アカバギンナンソウ葉、マコンブ葉、ワカメ葉、モズク、オニグルミ種子、イチョウ種子、マタタビ果実、ゴマ種子、ヤマブシタケ子実体、マイタケ子実体、シイタケ子実体、発酵エキス、BG

ベースとなるのは水で、毛穴ケア成分のアーチチョーク葉エキスの配合量が多いことがわかります。

また、植物由来成分の種類が多いことも特徴ですね。

超純水+アルカリイオン水

ととのうみすとのベースとなる水は、純度の高い超純水とアルカリイオン水です。

超純水とは、不純物をほとんど含まない水で、

  • 医療器具などの洗浄
  • 医薬品へ配合

などに使用されている、洗浄力と安全性の高さが特徴です。

アルギニン・フィチン酸・酸化銀

  • アルギニン
    →角質層の水分量増加による保湿作用
  • フィチン酸
    →酸化防止作用
  • 酸化銀
    →防腐剤

アルギニンは、お肌の保湿力をサポートしてくれる成分。

フィチン酸と酸化銀は、酸化や防腐を防ぐために配合されています。

化粧品は、薬事法で三年以上は保存できるように作られていますが、防腐剤のなかでも肌に負担の少ない成分を選んでいるんですね。

アーチチョーク葉エキスで毛穴の引き締めも

アーチチョーク葉エキスは毛穴ケアで人気の高い成分です。

  • 毛穴の引き締め
  • 肌荒れの予防
  • 肌のハリアップ

などの働きが期待できます。

ととのうみすとと似ている商品でエマルジョンリムーバーというスプレーがありますが、アーチチョーク葉エキスはととのうみすとにしか配合されていません。

ととのうみすとなら、汚れを落とすだけでなくアーチチョーク葉エキスの働きで毛穴の引き締めて目立ちにくくなるのも期待できるということですね。

65種類の酵素(植物発酵エキス)で美肌菌をサポート

「〜〜果実」のようにととのうみすとの成分表にたくさん表記されているのは、65種類の酵素を使った植物発酵エキスです。

植物酵素は、美肌を作る善玉菌の活動をサポートしてくれる働きがあります。

ととのうみすとに副作用はあるの?

ととのうみすと 副作用なし

結論からいうと、ととのうみすとは基本的には副作用の心配はなく安心して使えます

敏感肌の私でも問題なく使うことができましたよ。

ですが、ととのうみすと以外の化粧品にも言えることですが、成分によってはアレルギー反応を起こしてしまうなど個人差はあります。

お肌に不安がある方は、まずは二の腕の内側などでパッチテストを行なった後、顔に使う場合も目立たない部分を狭い範囲でパッチテストを行なって確認するのがおすすめです。

植物由来成分を使っているのでアレルギー体質の方は注意

ととのうみすとには、65種類の植物酵素で植物由来成分が贅沢に配合されています。

美容成分がたっぷりということですが、成分が多くなるほど合わない成分が配合されている可能性も高くなるというデメリットもあります。

植物アレルギーをお持ちの方は、購入前に原材料をよく確認するようにしましょう。

ととのうみすとは安心の7つの無添加処方

ととのうみすとは、お肌に負担になりやすい7つの成分を使わない無添加処方で作られています。

7つのフリー

  1. 合成界面活性剤
  2. プロピレングリコール
  3. 合成着色
  4. 合成香料
  5. アルコール
  6. パラベン
  7. 鉱物油

ととのうみすとは敏感肌でも使える?

ととのうみすと 敏感肌におすすめの理由

ととのうみすとは敏感肌の方にもおすすめです。

敏感肌は肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなっている状態です。

洗顔やクレンジングなどお肌を直接触るだけでも刺激になっているので、お肌に触れずに綺麗にできるととのうみすとで低刺激なスキンケアができます。

敏感肌は角質層のバリア機能が低下している

健康な肌と敏感肌の違い(画像引用:3分でわかる!自分の肌のしくみ|敏感肌乾燥肌アドバイス|第一三共ヘルスケア)

お肌の一番外側にあある角質層は、わずか0.02mmしかありません。

この角質層が水分量を保ったり、外部刺激からお肌をバリアしてくれていますが、敏感肌はバリア機能が低下して角質層がうまく機能できていない状態です。

そのため、紫外線やホコリ、花粉などの外部刺激に弱くなり、水分も逃げやすい状態になっています。

洗いすぎや摩擦がバリア機能低下に!ととのうみすとなら吹きかけるだけ◎

紫外線やホコリなどだけでなく、クレンジングや洗顔による摩擦も敏感肌には大きな刺激になっています。

そこで、ととのうみすとならお肌に触れずに吹きかけるだけでOKなのがメリットなんです。

ゴシゴシしなくても、ミスト状になって毛穴に入り込んで汚れを落としてくれるので、肌の負担が少なく綺麗にすることができちゃいます。

バリア機能の改善は保湿も大切

お肌のバリア機能を改善するには、保湿も大事です。

ととのうみすとには、角質層の水分量を増加して保湿作用の働きがあるアルギニンも配合されています。

しっかり落とすけど、お肌の水分量は増やすことができるということなんです。

ととのうみすとを使った後はお肌のしっとり感を実感できますが、水分が逃げないようにワセリンやクリームなどで表面を保護してあげることもポイントです。

ととのうみすとはアトピーでも使える?

ととのうみすと アトピーで使う時の注意点

アトピーの方は、特にお肌に使うスキンケアを選ぶのは慎重な方が多いと思います。

アトピー体質の方がととのうみすとを使うときの注意点についてまとめました。

アトピーは保湿が大事

乾燥アトピー肌の皮膚の状態(画像引用:アトピー性皮膚炎の方のためのスキンケア|肌トラブルとスキンケア|持田ヘルスケア株式会社 )

アトピーの方の皮膚は、搔きむしりなどでバリア機能が低下し、水分が外に逃げやすくなっているため乾燥しています。

乾燥したお肌は、アレルゲンなどの刺激物質が侵入しやすく、かゆくなって掻いてしまうことで、さらに皮膚の乾燥状態を悪化させてしまう悪循環に。

その悪循環をケアするには、とにかくお肌を保湿して守り、皮膚のバリア機能を高めることです。

ととのうみすとは、お肌の水分量をアップさせる成分、アルギニンが配合されていますが、使用後にはしっかり保湿を行い、水分を逃さないように気をつけましょう。

添加物の少ない低刺激なスキンケアも必要

アトピー肌は、お肌のバリア機能が低下しているため、化粧品の多くに含まれている界面活性剤や防腐剤、合成香料や合成着色料など、添加物の刺激も受けやすくなっています。

なので、化粧品を選ぶときは、なるべくこれらの成分が使われていない低刺激なものを選ぶのが推奨されています。

ととのうみすとは、お肌の負担になりやすい成分が不使用の7つの無添加処方で作られているので安心です。

無添加や植物由来成分でも注意!パッチテストを行うこと

ですが「無添加や天然由来成分だから絶対安心」というわけではないので注意です。

天然由来成分でも、アレルギー反応などお肌との相性があります。

アトピーはバリア機能が低下しているので、合わない成分で炎症や副作用が起こしてしまう可能性もあります。

ととのうみすとなど無添加処方や肌への優しさにこだわりのある商品でも、お肌との相性には個人差があるため、不安のある方はパッチテストを行なってから使うようにしましょう。

また、皮膚科に通っている方は、担当のお医者さんに相談するのも◎です。

お肌に不安がある方は、ととのうみすとは公式サイトでの購入がおすすめ

ととのうみすと 公式サイトがおすすめの理由

敏感肌やアトピー体質など、お肌に不安がある方でととのうみすとを試したい!という方は、公式サイトでの購入がおすすめです。

ととのうみすとは、公式サイト限定で、30日間の全額返金保証がついています。

実際に試してみてお肌に合わなければ商品代金を返金してもらえるので、損せずにお試しすることができますよ。

公式サイト以外の取扱店で購入した場合は、全額返金保証の適用外なので注意してください。

ととのうみすとの成分|副作用や安全性のまとめ

まとめ

  • ととのうみすとに副作用の危険性はなし
  • 無添加処方&お肌の水分量をアップする成分で敏感肌やアトピーでも安心
  • お肌に触れずに洗えるから刺激の少ないケアができる
  • 植物由来成分が贅沢に配合されているけど、アレルギー体質の方は要注意

ととのうみすとは、お肌の優しさや負担の少ないケアにこだわりを持って作られた商品です。

成分とお肌の相性には個人差がありますが、基本的には安心して使える商品であることがわかりました。

実際に、敏感肌体質の私も使っていますがかゆみなど以上は全然感じていません。

洗顔やクレンジングの負担が減ったので、肌の赤みが目立ちにくくなってきたのを感じています(^^)

Copyright© ととのうみすと 口コミ , 2019 All Rights Reserved.